HOMEアントシアニンと一緒に摂りたい目に良いサプリ成分
ビタミンE

ビタミンE

ビタミンEが目にもたらす効果・効能を分かりやすく解説しています。

活性酸素から目を守るビタミンEとは

ビタミンEイメージビタミンEとは、8種類の関連化合物から構成される脂溶性ビタミン。トコフェロールとも呼ばれ、細胞膜の脂質中に多く存在しています。

身体を酸化させて老化の原因となる活性酸素を強力に除去。美容と健康維持に重要な、「若返りのビタミン」とも言われています。その優れた抗酸化作用はサプリメントや健康食品だけでなく、化粧品・薬剤・酸化防止剤などに幅広く利用されています。

ビタミンEが多く含まれる食品は、アーモンド・ピーナツ・卵・アボカド・植物油・イワシ・レバーなど。しかし、カロリーや脂質などを考えると食品のみから必要量を摂取するのは難しいため、サプリメントなどを使っての補給が推奨されています。

ビタミンEの効果・効能

紫外線などの光ダメージから目を守る
目は紫外線やブルーライトなどの光ダメージによって常に酸化ストレスを受けていますが、ビタミンEは高い抗酸化作用で発生する活性酸素を除去。目の機能を守り、若々しさを保つ働きがあります。また、酸化ストレスによって水晶体が濁る白内障を予防する効果も期待できます。

眼精疲労の予防・改善
ビタミンEには血管の収縮を抑制し、血流をスムーズにする働きがあります。血流が改善すると目に必要な栄養・酸素が行き届くと同時に、蓄積した疲労物質も押し流されるため、眼精疲労の予防・改善に効果を発揮するのです。とくに、血行不良によって目の周りの筋肉(毛様体筋)が緊張し、目の奥の痛み・重さを訴えている人におすすめの成分となっています。

老眼予防
ビタミンEは強力な抗酸化作用を持ち、活性酸素の攻撃から細胞を守る効果があります。活性酸素が増えすぎると水晶体・毛様体筋の機能が衰え視力低下(老眼)を招きますが、ビタミンEが活性酸素を除去することでこの進行を遅らせることが可能です。また、ビタミンEは、身体全体を活性化して目にも活力を与えてくれる成分。老眼やピント機能調節の衰えが気になる場合は、積極的に摂取しましょう。

アントシアニンとビタミンEを一緒に摂るべき理由

アントシアニンサプリの主な原料とされるブルーベリーには、ビタミンEも含まれています。しかし、ビタミンEは脂溶性ビタミンなのである程度蓄積されるものの、抗酸化作用でどんどん消費されてしまうのです。

目の健康を維持し、さまざまなトラブルを予防するためにはブルーベリーに含まれているビタミンEだけでは不足気味。サプリメントを選ぶ場合は、アントシアニンと一緒にビタミンEも摂取できるものを選んだ方がよいでしょう。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。