HOMEアントシアニンと一緒に摂りたい目に良いサプリ成分
ビタミンB

ビタミンB

目の健康維持に役立つビタミンBの効果・効能についてまとめました。

目の健康維持に欠かせない効果を持つビタミンB群

ビタミンBイメージビタミンB群とは、ビタミンB1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンの総称。目にも多く含まれているビタミンで、なかでも重要なのはビタミンB1・B2・B6・B12となっています。

ビタミンB1が多く含まれているのは、豚肉・うなぎ・レバー・納豆など。ビタミンB2は卵・しいたけ・チーズ・わかめ・、ビタミンB6は大豆・鮭・まぐろ・玄米、B12はしじみ・赤貝・あさり・焼きのりなどに多く含まれています。しかし、ビタミンB群は水溶性で体内に貯蓄できないため、毎日しっかりと摂取することが重要です。

ビタミンB群の効果・効能

眼精疲労・視力低下の予防
ビタミンB1は疲労回復のビタミンと呼ばれており、目のピント調節機能をする毛様体筋の緊張を緩和してくれます。さらに、正常な視力を保つために重要な神経細胞は糖からエネルギーを得ているため、その代謝に必要なビタミンB1は必要不可欠です。
その他にも、ビタミンB12は視神経の機能を向上させたり、ビタミンB6は水晶体・毛様体筋の主成分であるたんぱく質の吸収を促進してくれたりと、眼精疲労の改善・視力低下の予防に嬉しい効果が満載です。

目の充血・炎症などの予防
ビタミンB2には、細胞の再生を促進したり網膜などの粘膜を保護する働きがあります。この働きにより、疲れ目などから起こる目の充血・涙目・角膜炎・結膜炎を予防してくれるのです。ただし、ビタミンB2は脂質の代謝に使用されるビタミンのため、脂質の摂取が多い人は意識的に取り入れることが大切です。

目の免疫機能強化
目の免疫機能を強化してくれるのはビタミンB6です。ビタミンB6は、目のピント調節機能を司る水晶体・毛様体筋の主成分となるたんぱく質の吸収に重要な成分。たんぱく質をアミノ酸へ変換し・その働きをサポートするなど、視神経の代謝に大きく関与しています。この代謝がうまくいかないと粘膜が弱くなって免疫もダウン、疲労や炎症を起こしやすくなるのです。

アントシアニンとビタミンBを一緒に摂るべき理由

目の疲労回復を促進するには、アントシアニンとビタミンB群を一緒に摂取するのがおすすめ。とくにビタミンB群は目の代謝を高めたり・視神経の伝達機能を回復させる作用を持っているため、アントシアニンの働きもよりアップすると言われています。

ちなみに、ビタミンB群はそれぞれが相互に作用して働きを向上させるため、いろいろな種類をまんべんなく摂取することが大切です。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。