HOMEアントシアニンと一緒に摂りたい目に良いサプリ成分
オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸の、目に対する健康効果を調べました。

目にさまざまな健康効果をもたらすオメガ3脂肪酸とは

オメガ3脂肪酸のイメージオメガ3脂肪酸とは魚の油に多く含まれる成分で、DHA・EPA・αリノレン酸などが代表的。人の体内ではほとんど生成できない栄養素であり、意識的に食物から摂取する必要があります。

オメガ3脂肪酸を多く含んでいるのは、マグロ・サバ・さんまといった青魚をはじめ、亜麻仁油・えごま油・くるみ・緑黄色野菜・豆類からも摂取可能。オメガ3脂肪酸には血中の脂質濃度を下げる働きがあり、ドロドロ血流・動脈硬化・高血圧・メタボリックシンドロームの予防・改善に効果アリ。厚生労働省では、1日1,000㎎以上の摂取を推奨しています。

オメガ3脂肪酸の効果・効能

視力回復効果
オメガ3脂肪酸の1種であるDHAは、目の網膜や神経細胞に多く存在する成分。網膜や視神経の細胞膜を柔軟に保ち、網膜の反射機能を高めて情報伝達をスムーズにする効果があると考えられています。また、DHAには脳細胞を活性化する働きもあるため、目から入ってきた情報を素早く正確に処理する機能もアップ。視力・近視・動体視力の回復など、さまざまな効果が期待できます。

ドライアイ予防・改善効果
オメガ3脂肪酸を摂取すると角膜の表面がなめらかに保たれ、涙の分泌量が増加。ドライアイによる、さまざまなトラブルを抑えることができます。ある実験では、ドライアイ患者にDHA・EAP・亜麻仁油を含むオメガ3脂肪酸サプリを投与したところ、約7割の患者に症状の緩和が見られたとのことです。日本の眼科でもドライアイ治療薬としてEPAが処方されることもあるほど、オメガ3脂肪酸のドライアイ予防・改善効果は高いと言えます。

加齢性黄斑変性症の予防
オメガ3脂肪酸は、加齢性黄斑変性症の予防にも効果を発揮します。加齢性黄斑変性症は動脈硬化による血行不良が原因の1つとされていますが、オメガ3脂肪酸は血中の悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があります。血流が改善されて目にしっかり酸素・栄養が行き届くようになることで、加齢性黄斑変性症を予防できると言われているのです。

アントシアニンとオメガ3脂肪酸を一緒に摂るべき理由

アントシアニンには網膜に存在するロドプシンをサポートする働きがあり、網膜がとらえた映像を情報として伝達する機能を向上させます。しかし、映像をしっかりと認識するには、伝達された情報を視覚として認識する脳機能が重要です。

オメガ3脂肪酸には脳細胞を活性化する働きがあるため、アントシアニンの効果と併せれば、より高い視力回復効果が期待できます。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。