HOMEアントシアニンと一緒に摂りたい目に良いサプリ成分
β-カロテン

β-カロテン

緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンが目にもたらす効果・効能をまとめました。

目の粘膜を保護する効果を持つβ-カロテン

β-カロテンイメージβ-カロテンとは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種。カロテンとは植物によって生成される物質で、動物には生成できない成分です。

体内に入ると必要に応じてビタミンAへと変換され、粘膜や皮膚の健康・視力の維持に役立つのが特徴。変換されなかった分は脂肪組織などに蓄積され、優れた抗酸化作用を発揮します。ビタミンAは摂りすぎると過剰症の恐れがありますが、β-カロテンはその心配がなく安心です。

β-カロテンが多く含まれるのは、にんじん・かぼちゃ・ほうれん草・トマト・ブロッコリー・みかん・スイカなど。色が濃く鮮やかな野菜・果物の方が、より多くのβ-カロテンを含有しています。

β-カロテンの効果・効能

夜盲症・視力低下予防
β-カロテンが体内に入ると、その一部がビタミンAへと変換されます。ビタミンAは、正常な視力の維持・夜盲症の予防に必要不可欠な成分。体内のビタミンAが不足すると網膜の光を感知する機能が衰え、夜間や暗がりでの視力低下を引き起こします(夜盲症)。β-カロテンを摂取すると体に必要な分のビタミンAを適切に補給できるため、これらの症状を効率よく予防することができるのです。

黄斑変性症の予防
カロテノイドの一種であるβ-カロテンは強力な抗酸化作用を持ち、黄斑変性症を予防する効果があると言われています。黄斑変性症とは、網膜の中心部にある黄斑に異常が発生し、ものの見え方に支障が出る症状。β-カロテンと同じく高い抗酸化作用を持つ、アントシアニン・ビタミンC・ビタミンEを一緒に摂取すると、より予防効果・進行を遅らせる効果が高まるとされています。

ドライアイ予防
体内でビタミンAに変換されたβ-カロテンには、正常な目の粘膜・網膜を維持したり、涙の量を一定にする効果があると言われています。これにより目の潤いが保たれ、現代病の1つであるドライアイを防いでくれるのです。また、夜盲症を訴える人にドライアイの症状がよく見られるため、β-カロテンで同時にケアするのがおすすめです。

アントシアニンとβ-カロテンを一緒に摂るべき理由

β-カロテンとアントシアニンは、どちらも強力な抗酸化作用を持つ物質です。これらを同時に摂取することでより抗酸化力が高まり、黄斑変性症をはじめとする各種眼病・目の老化による視力低下(老眼)などを予防する効果がさらにアップします。

また、夜盲症を予防する効果はβ-カロテンから変換されるビタミンAならでは。夜盲症は目の疲労や視力低下に繋がるため、アントシアニンの働きをサポートするためにも積極的に摂取しておきましょう。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。