HOME目のお悩みを解決するアントシアニンとは
アントシアニンが目に良い理由

アントシアニンが目に良い理由

アントシアニンとはどんな成分か、なぜ眼精疲労や眼病予防に効果があるのかを詳しく解説しています。

目によい効果・効能を持つアントシアニンとは

アントシアニンとは、青紫色の天然色素でポリフェノールの一種です。色素本体でフラボノイド化合物のアントシアニジンと、糖が結合した配糖体がアントシアニンとなります。

植物が紫外線やウイルスなどの外敵から自らを守るために作り出すもので、高い抗酸化力を持っているのが特徴。さまざまな食用植物に存在しますが、なかでもブルーベリー・カシス・ブドウ・ブラックベリー・クランベリーなどのベリー類に多く含まれています

アントシアニンのさまざまな働き

アントシアニンに期待できる効果・効能で、とくに有名なのが「目」に関するもの。具体的な働きを以下にまとめてみました。

ロドプシンの再合成を助ける
ロドプシンは目の網膜に存在する紫色の色素。ロドプシンが外部からの光の情報を受けとめ・信号化して脳に送ることにより、人は「目が見える」と認識します。ロドプシンは光の刺激を受けるたびに分解され、再合成されて元に戻るのですが、目を酷使し続けるとその再合成が間に合わなくなります。すると、目の疲れ・かすみ・痛みなどのトラブルが起こるようになるのです。

ここで役に立つのがアントシアニン。アントシアニンはロドプシンの再合成を促進し、眼精疲労や視力を回復する効果があるとされています。即効性もあり、摂取してから4時間ほどで眼精疲労・かすみ目などの症状に効果を発揮するのも特徴。ただし効果は24時間ほどで消失してしまうため、継続して摂取することが大切です。


活性酸素の除去
アントシアニンは、体内に発生する活性酸素を抑制する強い「抗酸化作用」を持っています。紫外線・ストレス・疲労などによって体内に発生する活性酸素は、人間の身体を老化させる原因の1つ。老眼・白内障・緑内障などの目のトラブルも、この活性酸素が影響していると言われているのです。

アントシアニンにはこの活性酸素の発生を抑制する作用があるため、目の老化に伴うさまざまなトラブルを予防する働きが期待できます。


毛細血管の保護・強化
アントシアニンの中のデルフィニジンという物質には、目の網膜に張り巡らされた毛細血管を保護・強化する効果があります。この働きには、糖尿病網膜症の予防効果が期待されています。

糖尿病網膜症とは、高血糖が原因で毛細血管が細く・もろくなる症状。毛細血管が破れて眼底出血・硝子体出血が起こりやすくなるのですが、アントシアニンで毛細血管を強化することにより、これらの症状を予防できると言われています。


血行促進
アントシアニンには、血流を改善する効果があります。血流がスムーズになると網膜の毛細血管が強化され、目が疲れにくく・回復しやすくなります。また、視神経への血流が促進されることにより、眼圧の上昇を防ぐ効果もアリ。この働きには、眼圧が高まって視神経を圧迫することで起こる緑内障を予防する効果があると言われています。

さらに、血流改善によるピント調節機能回復・目の下のクマ改善効果も期待できます。

アントシアニンが豊富に入っている
オススメサプリメントをチェック>>

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。