HOME目のお悩みを解決するアントシアニンとは
期待できるその他の効果・効能

期待できるその他の効果・効能

眼精疲労・かすみ目・視力回復などの効果を持つアントシアニンが持つ、さまざまな健康効果をまとめました。

目以外にも効く!アントシアニンのさまざまな効果・効能

アントシアニンの持つ効果・効能で、一般的に知られているのは目に関するものです。「見る」働きを司るロドプシンという物質の再合成を促して眼精疲労や視力を回復したり、高い抗酸化作用で白内障・緑内障などの眼病を予防する効果があるとされています。日常的な効果ですと、主に次のようなものが挙げられます。

  • 夕方に起きやすい視界のぼやけや目のかすみが改善される
  • 夜間や暗い場所での視覚機能が向上する
  • 長時間のPCやテレビを見ることによる目のコリを和らげる

そのほかにも、アントシアニンにはさまざまな健康・美容効果が満載!期待できる効果・効能を以下にまとめてみました。

肥満・メタボリックシンドロームの予防
メタボリックシンドローム(メタボ)とは、肝臓などの内臓に脂肪が蓄積し、高血糖・高血圧・動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病が起こりやすくなった状態。暴飲暴食・運動不足といった生活習慣の乱れや、加齢による新陳代謝の低下が原因であるとされています。

アントシアニンには、メタボを引き起こす内臓脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。血中の脂肪を減らし、血糖値の上昇を抑えて肥満・メタボの発生率を下げてくれるのです。

この効果は実験で証明されており、アントシアニンを含むエサを摂取したマウスは脂肪の生成量が低下し、血中脂肪・内臓脂肪の量も少なかったことが発表されています。


花粉症対策
花粉症とは、花粉という異物を体が有害物質と認識することで起こる免疫の過剰反応です。花粉が体内に入ると、身体はそれを排除しようとしてヒスタミンという物質を大量に分泌。それが知覚神経を刺激し、いわゆる花粉症の症状くしゃみ・鼻水・目にかゆみを覚えたりなどの症状を誘発します。

このヒスタミンを減少させる働きを持っているのがアントシアニンです。

アントシアニンのヒスタミン抑制効果は非常に強く、さまざまな実験によって証明されています。ある実験では、花粉症にかかりやすい状態になった2匹のマウスにそれぞれアントシアニン入りのエサと通常のエサを与えたところ、アントシアニン入りのエサを食べたマウスはヒスタミン量が60%も減少していたとのことです。


アンチエイジング
身体の老化には、活性酸素が深く関与していると言われています。活性酸素とは、体内に侵入したウイルス・雑菌などを排除するために白血球から放出されるものですが、増えすぎると健康な細胞にまで悪影響を及ぼします。これが、老化の原因であると考えられているのです。

アントシアニンには強力な抗酸化作用があり、体内の活性酸素を抑制する効果があります。この働きにより細胞の老化が防がれ、皮膚の弾力や水分も保たれるというワケです。


冷え性の改善
冷え性とは、末梢血管が収縮して血液の循環が悪くなっている状態のこと。手・足・肩・腰・背中などの部位に起こりやすく、季節を問わず慢性的に冷えを感じるものを指します。

冷え性の改善には血流の促進が不可欠ですが、アントシアニンには末梢血管を拡張して血流を促す効果があります。しかも、摂取してから4時間ほどで全身に成分がめぐるため、即効性があるのが特徴です。生活リズムや運動習慣の改善も同時に行うことで、さらに冷え性改善効果がアップするとされています。


抗炎症作用
炎症とは、身体が有害な刺激を受けた際に発生する防御反応のこと。炎症が起こると、生体には痛み・赤み・発熱・腫れ・むくみなどの症状が見られます。この炎症を引き起こす原因の1つとされているのが活性酸素です。

高い抗酸化作用を持つアントシアニンは、炎症を鎮静させる効果もあります。その効果は、解熱鎮痛剤などに使用されるアスピリンの約10倍と言われているほど強力。しかも、薬と違って胃に負担がかかりにくいのもメリットです。


肝機能の改善効果
アントシアニンには、血液中のγ-GTP・GOT・GPT値を正常に戻し、肝機能を回復する作用があります。これは、アントシアニンが持っている抗酸化作用が肝臓にある有害物質を抑えることによりもたらされます。この働きは実験でも証明されており、初期の肝機能障害を持つ人にアントシアニン(紫さつまいものジュース)を摂取してもらったところ、よい結果が見られたとのことです。

アントシアニンが豊富な
オススメサプリメントをチェックする>>

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。