HOMEアントシアニンで改善できる!? 気になる目のお悩みや症状
近視

近視

近視の原因や対策方法、アントシアニンを含むサプリの予防・改善効果についてまとめました。

サプリでの対策が可能とされる近視の原因・症状

近視とは、網膜より手前で光の焦点が結ばれてしまうため、ピントが合っていない状態です。近くのものはハッキリ見えますが、遠くにあるものは輪郭がぼやけて見えにくくなります
近視の原因には、「遺伝要因」と「環境要因」があります。

まる遺伝要因
強い近視の場合は遺伝の影響が大きくなりますが、詳しい遺伝形式については未だ解明されていないようです。ただ、両親共に近視である場合の子ども近視発生リスクは、両親共に近視でない場合に比べて約8倍であると言われています。
まる環境要因
近視の原因として、もっとも有力とされるのが環境要因。長時間のパソコン作業・読書・勉強を続けるなどし、目を酷使することで視力が低下すると言われています。
環境要因における視力低下の原因は、主に眼精疲労。人は網膜に入ってきた光を信号として脳に送ることでものを「見る」ことができますが、光を信号に変える物質がロドプシンです。しかし、目を酷使するとロドプシンの再合成が間に合わなくなり、目が疲れて視力低下に繋がると言われています。

近視の対策方法

正しい姿勢と作業環境を保つ
ものを見るときは、正しい姿勢を保つようにします。姿勢が悪いと目とものの距離が接近しすぎたり、左右の目でものの距離との差が出るためです。読書や勉強をするときは背筋を正し、本やテキストから30㎝以上目を離すようにしましょう。
また、暗がりや乗り物(電車・バスなど)の中で長時間目を使うのもよくありません。読書や勉強をするときの部屋の明るさは500ルクス以上、パソコン作業をする場合はディスプレイの明度に合わせて100~500ルクスの間で調整するとよいでしょう。

適度に目を休ませる
パソコン作業や読書などをする際には、必ず適度な休憩を挟むようにしましょう。長時間目を使い続けると筋肉が緊張して固くなり、眼精疲労や近視の進行に影響を及ぼします。休憩の目安は、1時間ごとに10~15分ほど。遠くをぼんやりと眺めたり、目の周りを軽くマッサージして緊張をほぐすと効果的です。

生活リズムと栄養バランスの改善
不規則な生活リズムや睡眠不足は、目や身体の疲労を蓄積させる原因です。生活リズムを整えて夜はしっかりと睡眠を取り、1日の疲れをリセットするようにしましょう。また、栄養バランスのよい食事も重要です。目によいとされるアントシアニン・β-カロテン・ビタミン類を摂取することも大切ですが、特定の栄養素に固執することなく、バランスよくさまざまな栄養を摂るようにしましょう。

アントシアニンサプリによる近視の予防効果

アントシアニンは、視覚に関わるロドプシンの再合成をサポートする働きがあります。ロドプシンの再合成が促進されると目の機能がスムーズになり、眼精疲労・血行不良・筋肉の緊張などが改善。正常な視覚機能をキープすることができ、近視を予防することができるのです。

アントシアニンを手軽に摂取するには、ブルーベリーやビルベリーを配合したサプリメントがおすすめ。近視の予防効果を高めるためにも、品質の高いものを継続して摂取することが大切です。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。