HOMEアントシアニンで改善できる!? 気になる目のお悩みや症状
黄斑変性症

黄斑変性症

黄斑変性症の原因と、症状を防ぐ効果があるとされるアントシアニンサプリの働きについてまとめています。

アントシアニンサプリによる予防効果が期待できる黄斑変性症とは

網膜は目に入ってきた光を受け取り、信号を脳に送ることで「見る」機能を司る器官。その中心にあるのが黄斑部です。黄斑変性症とは、この黄斑部が加齢や光ダメージを受けることで変性し、ものの見え方に支障が出る症状をさします。50歳以上の約1%にこの症状が見られ、60~70歳代での罹患者がもっとも多くなる目の病気です。

黄斑変性症の症状は、視野の中心部分が歪んだり・暗くなるのが特徴。ものが見えにくくなるため日常生活に支障をきたすこともあり、放置すると視力低下・最悪の場合で失明することもあるので注意が必要です。

黄斑変性症には、乾燥型(萎縮型)と滲出型(新生血管型)の2種類が挙げられます。

まる乾燥型(萎縮型)
加齢に伴って黄斑部の組織が萎縮するもの。今の段階では明確な治療法が見つかっていないため、日頃からの予防が重要だとされています。
まる滲出型(新生血管型)
網膜細胞が老化して、脈絡膜から異常な新生血管が発生することにより起こるもの。新生血管は非常にもろくて破れやすく、血液や血中成分が漏れ出すことで網膜を圧迫します。

黄斑は光によるダメージを受けやすく、老化の原因となる活性酸素が発生しやすい部分。活性酸素が発生しても目や体内に抗酸化物質があればそれを除去できるのですが、老化・疲労・ストレスなどにより抗酸化物質が不足していると、黄斑部はどんどんダメージを受けてしまいます。これが、黄斑変性症の原因であると考えられています。

黄斑変性症の対策方法

抗酸化物質・亜鉛の摂取
黄斑変性症の原因となるのは、細胞を老化させる活性酸素。これを除去する働きを持つ抗酸化物質を積極的に摂取することは、黄斑変性症の予防に繋がるとされています。予防効果があるとされる物質は、アントシアニン・β-カロテン・ルテイン・抗酸化ビタミン(ビタミンC・Eなど)・オメガ3脂肪酸(DHA・EPAなど)。どれか1種類を大量摂取するのではなく、サプリなどを利用してさまざまな種類を継続して摂取することが重要です。

紫外線・ブルーライトよるダメージを避ける
紫外線やパソコン・スマートフォンなどから発生するブルーライトは、黄斑部に強いダメージを与えて老化を促進させます。屋外に出るときは帽子・日傘・サングラスなどを利用し、紫外線のダメージをなるべく避けるようにしましょう。パソコンやスマートフォンは長時間の使用を避けたり、ブルーライトをカットする眼鏡の装用などが効果的です。

禁煙
喫煙習慣のある人は、喫煙しない人に比べて黄斑変性症の発症率が4~5倍も高くなります。タバコは体内の抗酸化物質を減少させる原因ともなるので、できるだけ禁煙することをおすすめします。

アントシアニンサプリによる黄斑変性症の予防効果

ブルーベリーサプリなどに多く含まれるアントシアニンは、ビタミンCを上回る強力な抗酸化作用を持つ成分です。とくに目にもたらす健康効果が高く、目の内部や周辺に発生した活性酸素を除去。黄斑部・水晶体といった重要器官の酸化変性を予防することができます。

とくに、黄斑変性症をまだ発症していない人・萎縮型で進行を抑制したい人・手術後の再発を防ぎたい、という方におすすめの成分。ブルーベリーの中でもアントシアニン量の多いビルベリーを配合したサプリを選んだり、ビタミンC・ルテインなどと同時に摂取するとより予防効果が高まるとされます。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。