HOMEアントシアニンで改善できる!? 気になる目のお悩みや症状
緑内障

緑内障

日頃からできる緑内障対策や、アントシアニンサプリによる予防効果についてご紹介。

アントシアニンサプリでの予防が期待できる緑内障とは

緑内障とは、何らかの原因によって情報を脳に伝達する視神経が傷つき、視野欠損・視力低下などが現れる病気。40歳以上の20人に1人の割合で緑内障を発症していると考えられており、中途失明の原因としては糖尿病由来のものを除いて1位となっています。

原因の1つは、眼圧が上昇することによる視神経の圧迫。目の中には房水と呼ばれる水が循環していますが、この分泌と排出のバランスが崩れると眼圧が上昇すると言われています。

眼圧以外の原因として考えられるのは、活性酸素によるダメージです。活性酸素は紫外線などの光の刺激・ストレス・疲労・喫煙などによって発生し、体内に増えすぎると正常な細胞まで攻撃してしまいます。この活性酸素によって視神経が傷つけられると機能が弱まり、緑内障の症状を引き起こすと言われているのです。

緑内障は初期症状がほとんどないため、早期発見が難しいとされています。完治させる治療法が見つかっておらず、発見が遅れると失明に至ることもあるため、何よりも日頃からの予防が大切。定期的な検査とともに、生活習慣の改善・サプリメントを利用するなどし、目の健康を維持するようにしましょう

緑内障の対策方法

眼圧を上昇させないようにする
緑内障は眼圧が上昇すると発生しやすくなるため、眼圧が高くなるような行為を避けるようにしましょう。日常的に気をつけたいのは、長時間のうつむいた姿勢・うつ伏せ・ネクタイをきつく締める・興奮する・逆立ちなど。大量のカフェイン摂取も眼圧上昇に繋がる恐れがあるため、注意するようにしましょう。

適度な運動習慣
運動で全身の血流が促進されると、眼圧の上昇を抑制できると言われています。しかし、身体を激しく動かすハードなメニューはNG。身体が過度に疲れてしまうとストレスや活性酸素が増え、緑内障のリスクを高めてしまいます。推奨されるのは、ウォーキング・ジョギング・ストレッチなどの軽度な運動。ムリのない程度に、毎日継続していくことが大切です。

食生活を整える
目の正常な機能を維持するためには、バランスのよい食生活を心がけることも重要。脂質・糖質の過剰摂取を避け、ビタミン・ミネラルを豊富に含んだ野菜中心の食生活を目指しましょう。また、目の健康に役立つアントシアニン・ルテイン・β-カロテンなどを積極的に摂取するのも効果的です。

アントシアニンサプリによる緑内障の予防効果

ブルーベリーサプリなどに含まれるアントシアニンは、高い抗酸化作用を持つ物質。緑内障の原因となる活性酸素から視神経・網膜などの細胞を守り、緑内障を予防してくれると言われています。ある実験によると、アントシアニンを加えた網膜細胞は、活性酸素が発生しても約90%が破壊されずに生存していたとのことです。

アントシアニンには目の周りの毛細血管の血流を促進し、十分な栄養・酸素を行き届かせるという働きもあります。循環がよくなると目に溜まった疲労物質も押し流され、視神経にもよい影響が現れます。結果として、緑内障の発生・進行が抑制されるというワケです。

バランスのよい食生活・適度な運動習慣に加えてアントシアニン入りのサプリメントを取り入れることは、緑内障を予防するのに非常に有効な手段です。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。