HOMEアントシアニンで改善できる!? 気になる目のお悩みや症状
眼精疲労

眼精疲労

眼精疲労はなぜ起こるのか、その原因と対策方法について詳しくまとめています。

アントシアニンによる予防効果が期待できる眼精疲労の原因

長時間にわたって目を酷使すると、目のかすみ・乾燥・重圧感・異物感・頭痛・肩コリなどの症状が現れます。休息や睡眠をとっても回復せず、症状が継続するような状態を一般的に眼精疲労と呼びます。

眼精疲労は、人がものを「見る」機能を司るロドプシンが関与しています。人間は、網膜に入ってきた光を信号として脳に送ることでものを認識します。ロドプシンは光を信号に変換するという重要な役割を持つ物質で、これが正常に機能しないと人はものを見ることができないのです。

ロドプシンは光を信号に変換すると一度分解され、再合成するというサイクルを繰り返していますが、目を酷使すると再合成のスピードが間に合わなくなります。ロドプシンの量が減るとその機能も低下し、ものが見えにくくなったり視界がぼやけたりします。これが、眼精疲労の発生・進行のメカニズムです。眼精疲労を改善するにはロドプシンの再合成を促進し、機能低下を防ぐことが重要とされます。

眼精疲労・疲れ目の対策方法

ブルーライトから目を守る
パソコンやスマートフォンを長時間使用する人ほど、眼精疲労の発生率は高くなります。これは、ディスプレイから発生するブルーライトの強い刺激が大量の活性酸素を発生させ、網膜細胞にダメージを与えるためであるとされています。ブルーライトから目を守るにはパソコン・スマートフォンの長時間利用を避けるとともに、ブルーライトをカットするフィルムや眼鏡を利用するとよいでしょう。また、体内の活性酸素を除去する抗酸化物質を摂取することも重要です。

作業環境を整える
パソコンで作業をする場合などは、室内の環境を整えることで目の疲労を軽減できます。室内の照明は、ディスプレイの明るさに合わせて100~500ルクスの間で調整。太陽光がディスプレイに映り込まないよう、カーテンやブラインドを利用して調整しましょう。作業中は、1時間ごとに10~15分の休憩を入れると◎。軽い運動やストレッチを取り入れて、全身をリラックスさせると効果的です。

自分に合ったコンタクト・眼鏡を使用する
コンタクトレンズや眼鏡の度が合っていないと、目が疲れやすく眼精疲労の原因となります。仕事等でパソコンを長時間使用する場合は、パソコンとの距離を考慮したコンタクト・眼鏡を使用すると疲労が軽減されるようです。老眼の場合も自分に合った老眼鏡をつくり、近用・遠近用などを状況によって使い分けるとよいでしょう。

アントシアニンサプリによる眼精疲労の予防

ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンには、ロドプシンの再合成を促す働きがあります。十分な量のアントシアニンを摂取することでロドプシンの再合成をサポートすることができ、眼精疲労の予防・回復効果が期待できるのです。この他にも、アントシアニンには血流を改善して目に栄養・酸素を運んだり、高い抗酸化作用で活性酸素を除去する働きもあり、眼精疲労に悩む方には嬉しい成分となっています。

眼精疲労の予防・改善に必要なアントシアニンの摂取目安量は、1日120㎎以上。ブルーベリーなどの食品から摂取することもできますが、十分な量を毎日摂り続けるのは困難です。必要量のアントシアニンを手軽に摂取できるサプリメントの利用が、もっとも確実で効果的と言えるでしょう。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。