HOMEアントシアニンで改善できる!? 気になる目のお悩みや症状
白内障

白内障

アントシアニンサプリによる症状の予防効果が確認されている、白内障の原因についてまとめました。

アントシアニンでの症状抑制が期待できる白内障とは

白内障とは、目の中でレンズの役割をしている水晶体が白濁する病気。水晶体が白く濁ると、視界が暗くなる・かすんで見える・視力が低下するなどの症状が現れます。加齢に伴って発症リスクが高まり、早ければ40代から発症。80代になると、ほぼ100%に近い人に白内障の症状が見られます。

原因は、水晶体の主成分であるたんぱく質の酸化。これに関与しているのが活性酸素です。活性酸素は主に紫外線などの光ダメージによって発生しますが、通常であれば目の中の抗酸化物質がこれを除去します。しかし、年齢が高まるとその働きが弱まり、活性酸素を除去しきれなくなって白内障に繋がるのです。

一度発症した白内障は薬で治すことができず、症状が進行した場合は手術をするしかありません。しかし、日頃の心がけ次第で発症を予防したり、進行を遅らせることは可能です。しっかりと対策法をチェックし、目の健康を維持しましょう。

白内障の対策方法

活性酸素を抑制・除去する
白内障を予防するには、水晶体のたんぱく質の酸化に関わる活性酸素を抑制・除去することが大切です。そのためには、体内で活性酸素と戦う抗酸化物質を積極的に摂るようにします。水晶体の酸化予防には、アントシアニン・ルテイン・ビタミンC・ビタミンEなどが有効。これらは年齢を重ねるとともに不足しやすい成分なので、サプリなどを使ってしっかりと摂取しましょう。

紫外線によるダメージを軽減する
水晶体を濁らせる原因となる活性酸素、これを発生させるもとが紫外線です。レンズの役割をする水晶体は紫外線の影響を受けやすいため、できるだけ紫外線を避けることが重要です。屋外へ出るときはUVカットの帽子・サングラス・日傘などを利用し、目を保護するようにしましょう。

生活習慣病を防ぐ
白内障は、生活習慣病の1つである糖尿病の合併症としても有名。合併症による白内障は進行スピードが速いため、とくに注意が必要です。肥満やメタボになると糖尿病の発症リスクが高まるため、バランスのよい食生活・適度な運動を心がけて適切な体重をキープするようにしましょう。

禁煙
水晶体は高濃度のビタミンCを含む器官であり、高い抗酸化作用を持つ成分です。白内障予防のためには十分なビタミンCを補給する必要があるのですが、タバコを吸うとせっかく摂取したビタミンCが破壊されてしまいます(タバコ1本につき25~70㎎が消失)。喫煙者の白内障発生リスクは非喫煙者の3倍とも言われているので、できるだけ禁煙するようにしましょう。

アントシアニンサプリによる白内障の予防効果

アントシアニンは、ビタミンCを上回る抗酸化作用を持つ成分。摂取することで強力な抗酸化力を発揮し、水晶体を濁らせる活性酸素を除去・抑制してくれます。

ヨーロッパでは白内障の治療にアントシアニンを使用した医薬品が用いられており、臨床データの報告もあります。白内障を罹患した50人の患者にアントシアニンを含む薬剤を投与したところ(1日あたり200~400㎎)、5ヵ月後には90%以上の患者に症状の抑制効果が見られたとのことです。

白内障を予防するには、ある程度のアントシアニン量が必要です。アントシアニンサプリを選ぶときは、十分な量が配合されているか・吸収力を高める工夫はあるか、などをチェックして選ぶとよいでしょう。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。