HOMEアントシアニンで改善できる!? 気になる目のお悩みや症状
乱視

乱視

日頃から心がけたい乱視予防の対策法や、アントシアニンサプリによる予防・改善効果を調べました。

アントシアニンサプリで防げる?乱視の原因と症状

近視・遠視は見るものまでの距離によって見え方が異なりますが、乱視は目に見えるものすべてがボヤけてしまう状態です。乱視の原因は、角膜・水晶体の歪み。角膜・水晶体が歪むと目に入ってくる光の屈折率がずれ、正しい位置でピントが合わなくなってしまうのです。

乱視には、生まれつき角膜・水晶体が歪んでいる「正乱視」と、眼精疲労・加齢・ドライアイなどによって角膜表面が歪む「不正乱視」があります。正乱視の場合は先天性の原因となっていますが、不正乱視は生活環境や目の酷使による眼精疲労が主な原因となっています。

眼精疲労は心がけ次第で予防できるものですから、しっかりと対策を立てることで乱視を予防したり進行を抑制することが可能です。

乱視の対策方法

乱視対策のトレーニング
乱視の予防対策には、トレーニングが有効です。8の字を横にしたものを目でなぞるような感じで、大きくゆっくりと眼球を動かしてみましょう。回数の目安は、1日10回程度。コンタクトレンズや眼鏡ははずした状態で行ってください。このトレーニングは乱視だけでなく、視力回復効果も期待できるそうです。

目へのダメージを防ぐ
目を強くつぶったり、目を細めてものを見ることを避けましょう。これらの行動は角膜の歪みに繋がり、乱視になる可能性を高めてしまいます。また、まつ毛で角膜を傷つけないようにすることも大事。まつ毛が長くて目に入りやすい人は、まつ毛パーマなどをすると乱視の予防対策に繋がります。

眼精疲労・ドライアイの予防
眼精疲労などでドライアイが進行すると、乱視の原因となることがあります。ドライアイは長時間のパソコン作業などによってまばたきの回数・涙液の量が減少し、目の表面が乾燥した状態。涙液が少なくなると角膜がデコボコになって歪み、乱視を引き起こします。目の乾燥を感じたら休息を取ったり、点眼薬などで潤いを補給するようにしましょう。

アントシアニンサプリによる乱視の予防効果

乱視の原因の1つとされるのが眼精疲労ですが、瞳孔括約筋・瞳孔散大筋に疲れがたまると瞳孔が緊張して小さく絞られてしまいます。すると、暗い場所でのものが見えにくくなり、余計に目が疲れるようになるのです。

アントシアニンには瞳孔の働きを正常に保つ働きがあるため、眼精疲労による乱視を予防する効果があるとされます。この効果は、臨床試験によっても確認されています。

アントシアニンを多く含むブルーベリーサプリは、目の周囲に張り巡らされた毛細血管の血流を促し、眼精疲労を緩和する効果もあります。疲労からくる後天性の乱視を予防するためにも、アントシアニンは積極的に摂取したい成分です。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。