HOME
アントシアニンで改善できる!? 気になる目のお悩みや症状

アントシアニンで改善できる!? 気になる目のお悩みや症状

このカテゴリでは、目にまつわるさまざまな悩みと症状の原因・対策法をご紹介。アントシアニンによる予防効果についても触れていますので、ぜひチェックしてください。

眼精疲労

目を酷使すると、目のかすみ・乾燥・重圧感・異物感・頭痛・肩コリなどの症状が発生。
休息や睡眠をとっても回復せず、症状が継続するような状態を眼精疲労と呼びます。アントシアニンによる予防・改善効果が期待できる症状なので、目に負担をかけない生活と共に摂取を心がけて。

ドライアイ

ドライアイとは目を保護する涙の量が不足し、表面が乾燥して傷つきやすくなった状態のこと。
明確な原因は分かっていませんが、生活環境・コンタクトレンズの使用・パソコンなどの長時間使用が要因となっているようです。こちらも日頃からの対策が大事!

老眼

目のピント調節に関わる水晶体と毛様体筋という2つの器官が老化し、目が見えにくくなる症状。
老化の原因となっているのは体内の活性酸素なので、これを除去・抑制するアントシアニンサプリでの予防が期待できます。

近視

近くのものはハッキリ見えますが、遠くにあるものはぼやけて見えにくくなる近視。
眼精疲労による視力低下が主な原因と言われています。目の機能をスムーズにするアントシアニンには、目の疲れを取り除いて近視を予防する効果があるとされています。

乱視

乱視とは、見るものすべてがぼやけてしまう状態。
角膜・水晶体の歪みが原因の「正乱視」と、加齢・眼精疲労などが原因の「不正乱視」がありますが、どちらも毎日の心がけ次第で予防することが可能です。

飛蚊症

飛蚊症とは、目の前に黒い虫のようなものが浮遊しているように見える症状。
活性酸素の刺激により、硝子体の中に汚れが発生するのが原因とされています。これを防ぐには、活性酸素を抑制することが重要。抗酸化作用を持つアントシアニンも効果的です。

黄斑変性症

網膜の黄斑部が加齢や光ダメージを受けることで変性し、ものの見え方に支障が出る症状を放置すると視力低下・最悪の場合で失明することもあるため、日頃からの対策が大切です。
アントシアニン・ルテインのコンビネーションで、高い予防効果が期待できます。

緑内障

脳に伝達する視神経が傷つき、視野欠損・視力低下などが現れる病気。
眼圧が上昇して視神経が圧迫されることにより発生しますが、活性酸素も原因の1つです。眼圧を上昇させる行為を避けると共に、抗酸化物質の積極的な摂取が望まれます。

白内障

水晶体の主成分であるたんぱく質が酸化し、白濁することで視野障害が起こるもの。
薬で治すことができないため、日頃からの予防対策が重要です。アントシアニンには症状の抑制効果が確認されているため、十分な量を摂取するようにしたいものです。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。