アントシアニンとはどんな成分?

アントシアニンとは、青紫色の天然色素でポリフェノールの一種。さまざまな食用植物に存在しますが、なかでもブルーベリー・カシス・ブドウ・ブラックベリー・クランベリー・いちごなどのベリー類に多く含まれています。

アントシアニンは、植物が紫外線やウイルスなどの外敵から自らを守るために作り出すもので、高い抗酸化力を持っているのが特徴。人間の体内においても、老化や病気の原因となる活性酸素を抑制・除去し、体内器官の正常な機能をサポートしてくれます。
取り入れるには、手軽に摂れるサプリメントがおすすめです。

アントシアニンが目にもたらす
健康効果

アントシアニンにはさまざまな効果・効能がありますが、とくに注目されているのが「目」に関するもの。目を酷使することの多い現代人にとって、アントシアニンの働きは嬉しいものばかりなのです。

ロドプシンの再合成をサポート

ロドプシンは、目の網膜に存在する色素成分。ロドプシンが光の情報を受けとめ・信号化して脳に送ることにより、人は「目が見える」と認識します。
アントシアニンには、このロドプシンの再合成をサポートするはたらきがあるのです。目を酷使してロドプシンの再合成が間に合わなくなると、視力低下・眼精疲労などの症状が発生します。

老化や病気の原因となる活性酸素の除去

アントシアニンは、ビタミンCよりも高い抗酸化力を持った成分。紫外線・ストレス・疲労によって発生する活性酸素を除去・抑制し、眼精疲労や白内障・黄斑変性症などの眼病から目の健康を守ってくれます。

毛細血管の保護・強化

アントシアニンには、目の周りに張り巡らされた毛細血管を保護・強化する効果があります。この働きには、糖尿病網膜症の予防効果が期待されています。

ロドプシンの再合成をサポート

アントシアニンを摂取すると血流が改善され、目に必要な栄養・酸素がしっかりと行き届くようになります。血行がスムーズになると目が疲れにくく・回復しやすくなるだけでなく、緑内障の原因となる眼圧の上昇を防ぐ効果も期待できます。

ロドプシンの再合成をサポート

抗酸化作用によるアンチエイジング、肥満・メタボリックシンドロームの予防、花粉症対策、冷え性の改善など、現代人の抱えるさまざまな悩みに対して高い効果を発揮します。

アントシアニン
配合サプリの選び方

アントシアニンを手軽に摂取するなら、断然サプリがおすすめ。アントシアニンがが配合されたサプリメントは、非常に多くの種類が出回っています。
使用されている原料や成分もさまざまですが、目の健康維持・眼病予防のためにサプリを選ぶなら、以下のようなポイントを押さえておくとよいでしょう。

Point 1

アントシアニンの原料をチェック!

アントシアニンサプリの原料となっているのは、主にブルーベリー・カシスなどのベリー類。しかし、同じベリー類でも種類によってアントシアニンの含有量が異なります。とくにおすすめなのは、ブルーベリーの1品種である北欧産の野生種であるビルベリーを含むもの。そのアントシアニン含有量は、一般栽培種のブルーベリーの約5倍であると言われています。

Point 2

アントシアニンの配合量をチェック!

どんなに品質の高い原料を使用したサプリでも、アントシアニンの配合量が少なければ効果は期待できません。アントシアニンの効果が期待できる摂取量の目安は、1日あたり約40~90㎎。ブルーベリー・ビルベリーエキスに換算すると、約120~250mgです。

Point 3

吸収率の高さをチェック!

アントシアニンは分子が大きく、体内に吸収されにくいのがネック。せっかく十分な量を摂取しても、吸収率が高いものでなければ効果を実感できないこともあるのです。サプリメントを選ぶ際には、吸収率を高める工夫がなされているかどうかもチェックしましょう。

Point 4

アントシアニンの働きを高める成分をチェック!

アントシアニンには、一緒に摂取することでその効果がアップする成分があります。具体的なものとしては、ルテイン・β-カロテン・クロセチン・ビタミンB・ビタミンCなど。アントシアニンサプリと別に摂取することもできますが、同時に摂取できるものであれば手軽でムダもありません。

Point 5

口コミ評判をチェック!

アントシアニン配合サプリを実際に利用している方からの口コミは、サプリ選びの判断材料として非常に有効。効果の出方や感じ方に個人差はありますが、できるだけ多くの口コミをチェックし、商品の信頼性・効果の出方・飲み心地・リピート率などを参考にするとよいでしょう。

※免責事項※
「【くっきりライフ!】目の健康を守るアントシアニンNAVI」は、
健やかな目を維持したい人に向けに、個人的に情報をまとめたサイトです。
サプリメントの価格や、最新情報は公式サイトをご確認ください。